森下ミレナ(もりしたみれな)=森高レナ

  • 森下ミレナ1
名前
森下ミレナ(もりしたみれな)
生年月日
1987年1月23日 (現在33歳)
身長
170 cm
スリーサイズ
B:90 cm W:57 cm H:85 cm
ブラのサイズ
F カップ
出身地
神奈川県
別名
森高レナ

森下ミレナの出演サイトと作品数

現在のところ、森下ミレナさんは海外サイトではTOKYO-HOTの1作品にしか出演していません。

出演作品リスト

2006年5月 配信
  • 爆乳美脚RQ中出し鬼輪姦

    森高レナ出演「爆乳美脚RQ中出し鬼輪姦」の画像

    配信サイト
    TOKYO-HOT
    配信日
    2006年5月16日
    女優名義
    森高レナ

    RQという人種がいます。彼女達はサーキットや撮影会では男達のスケベな視線を浴び、恥ずかしいポーズで写真を撮られたりします。彼女達はRQを通過点にしてステップアップし、将来女優やタレントとして活躍したいから恥ずかしくても我慢します。しかし写真を撮っている方は写真を撮るだけでは飽き足らず隙を見てRQを家に持ち帰って監禁したいと考えるのが普通です。今回はレースクィーンという人種を深く解明するという使命に燃える東京熱の飛び道具・女人収集マニア隊が「有名になりたい」というRQの気持ちに付け込み、顔良し、スタイル良しの巨乳RQ・森高レナちゃんを捕まえて陵辱し自分達の女体コレクションの一つにしちゃいました。

    撮影会で写真を撮られているレナはカメラマンの要求に従い次々にコスチュームを脱がされていく。フェラチオや美脚でのチンポ扱きを強制されたり普通の撮影会と違う極悪な要求に不満そうな表情のレナ。しかしマニア隊は女のその表情を見てさらに極悪度を増す。

    ザーメンを強制的に口内発射された後、カメラマンの「君の魅力を引き出してあげる」という誘いに乗り輪姦プレイへと突入していく。色々な種類のバイブで膣壺をゴリゴリと執拗に責められ白濁汁が膣壺の入口付近に滲み出す。電動アンマ器でクリトリスも同時に刺激され白濁汁の量がさらに増加。膣内部の子宮口に白濁した粘着液がへばり付いていてエロい。続く指マンで強制的に潮吹きさせられるとレナは力が入らず全身弛緩状態。

    次の場面では黒のRQ衣装に身を包んだレナを二本の肉柱が襲撃。同時フェラした後、立ちバックで生挿入。美脚を高く持ち上げられ開脚状態で出し入れされるチンポには白濁した粘液が付着している。さらに一方の美脚を頭の上にまで高く持っていき新体操の選手のような格好で生ハメされる姿が見所。

    ベッドに移動し後背位、側位と体位を変え生姦が続く。充血気味の陰唇を左右に大きく広げられ膣内部の奥深くまで肉柱をズッポシと生挿入されても、RQとしての仕事を忘れず自分が綺麗に見えるポーズで対応しようとするがその瞳は虚ろ。身体全身の血液が膣に集結して本気汁として放出されたに違いない。

    一発目の発射は第一汁がオマンコの外に飛んだ後、再び肉柱が生突入。続く精液は膣内部に大量にナマ注入された。強烈な生中出しに開脚したままベッドに貼り付いたように横たわる姿はまさに女体コレクション。

    パックリと開いたままの状態のオマンコに二本目が生姦。激しい出し入れの後生中出し。精液と膣壺分泌液の混合汁はやや流動性が高く、チンポが引き抜かれるとすぐにオマンコ内部から噴出して流れ落ちた。

    続いて三本目がバックスタイルで生ハメ。第一精液を膣外に放出したチンポがすぐに膣壺に戻され残りのザーメンは膣奥に注入された。さらに四本目の生中出しの後オマンコの形が変形するくらいの強烈な屈辱的指マン。ラストは電動アンマ器でオマンコを責められながらの集団ブッカケ。顔面と巨乳に向け13人分のザーメンが放出されドロドロになった状態でRQらしく立ちポーズを決める場面で終了。

    最上級のRQをコレクションに加え満足する東京熱。実は私今度の休みにRQを中心に収集された自慢の女体コレクションを見せてもらいに行くんですが、女体を肴に飲むビールはさぞ美味いことでしょう。日本の新しい風物詩として好事家の間で広まり社会的に認知されるのも遠くないですね。

    詳細情報はこちら!

モールサイトの女優ページ
  • FANZA

    森下ミレナ出演「DMMの「森下ミレナ」作品ページ」の画像

    女優名義
    森下ミレナ

    長身、美巨乳、スーパーボディの女子校生ギャル「森下ミレナ」の登場!チビ男によるミレナの身体測定などの定番コーナーは勿論、椅子にM字拘束され2本のディルドーを使って巨乳と口とマ○コの同時責めでイッてしまうミレナの痴態や、教室で男子生徒に急襲接吻&フェラ・SEXなど、妖艶な雰囲気でチビ男を弄ったり弄られたりと全編目が離せない!!

    FANZAの「森下ミレナ」作品ページはこちら!